地球にやさしい循環型社会の形成を目指して

産業廃棄物を適切に処理することは、地球にやさしい循環型社会の形成に何より不可欠です。当社はこのような時代のニーズに応えるため、産業廃棄物リサイクル・処理システムを構築し、様々な事業活動に伴い発生する膨大な産業廃棄物を受け入れ、再資源化・再生利用に貢献しています。

【処分場全景】

木くず

処分方法 破砕
処理能力 160t / 日(8h)
処理後最終処分先 製品として売却
燃料チップ・製紙チップ

がれき類・ガラス屑等

処分方法 破砕
処理能力 480t / 日(8h)
処理後最終処分先 製品として売却
リサイクル破石(RC-40)

ガラス屑(石膏ボード)

処分方法 破砕(剥離)
処理能力 4,376t / 日(8h)
処理後最終処分先 古紙原料として再中間処理
中央環境開発株式会社
粉にして売却
分離後の石膏は当社破砕施設へ

廃プラスチック類

処分方法 破砕
処理能力 3.6t / 日(8h)
処理後最終処分先 再中間処理
選別・圧縮 (株式会社ヤマゼン)
安定型埋立 (株式会社ヤマゼン)
再生材として売却 (ベスト工業株式会社)

石綿含有廃棄物・金属屑

積替保管施設 保管容量:130.9㎥
処理後最終処分先 積み替え後 埋立
処理方法 管理型最終処分(石綿含有物)
三重県環境保全事業団
株式会社ヤマゼン
札馬砕石工業株式会社
売却(金属屑)